「水族館非公式ガイド」管理人の日記

羽生田トライアングル

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ひとりごと
シャーマンキング『真・完結編』

うわっ、スッゲー読みてぇ(笑)。
あのリトルグレイがどうやって戦うのか、
マジで気になっていたから!

つーか「冒険王ビィト」、どこかで復活させてください。
(「BASTARD!!」はもう諦めました
スポンサーサイト
| 雑記 | 13:43 | トラックバック:0コメント:0
カバー/トリビュートについて
もう全然、水族館のコト
書いていないような気がしますけど(苦笑)、
構わず続けます。誰も読んでいないとしても、
書かずにはいられないんです!

で、カバーとかトリビュートについてですけど、
私は基本的に大歓迎であります。

自分の好きなアーティストが、あの名曲を歌う!
…みたいなのは、本当にテンション上がります。
ブックオフでたまたまそういうのを見つけたりすると、
もう値段なんて関係なく、衝動買いですよ(笑)。
(つい最近だと、the Indigo の「ワンスモア」とか)

あと、ひとつ前の話に関連して…
私は、過去の名曲というものに本当に疎いので、
カバー盤で「あー、こんな名曲もあったんだ!」と
今更ながら気付くコトが多いんです。
徳永英明の「VOCALIST」シリーズで言えば、
プリンセス・プリンセスの「M」とかですね。

そういう“キッカケ”が得られる、という点で、
カバー盤やトリビュート盤は重宝しています。

ただ、逆に嫌いなカバーと言うのもあって、
特に実績も無い新人みたいな人たちが、
話題づくりと言うか、売名行為みたいな感じで、
川´3`)の昔の曲を…みたいなパターンですね。
ああいうのは“あざとさ”しか感じられないので、
本当にイヤ。

その点、佐藤竹善は偉い。
「amanogawa」(元は Skoop On Somebody)なんて、
誰も知らないような曲(失礼!)を敢えて歌う。
今頃になって GAO(男鹿水族館じゃないよ!)の
「サヨナラ」なんてモンを敢えて歌う。

マジで『漢(おとこ)』だと思います。ハイ。
(実際、原曲歌ってる本人よりも上手いんだ、これが!)

あと、前にも書いたコトがありますけど、
櫻井和寿が Bank Band で、
斉藤和義の「歌うたいのバラッド」を歌うっていうのも、
(お世辞にも認知度が高いとは言えない)
この曲自身にとっても、ありがたいコトなんでは
ないかなぁと思うのであります。

そんなワケで、中古CDを探し回る日々が続きます。

最近集めているのは、CHARA のマキシシングルとか、
Mi-Ke(笑うな!)のアルバム。
Mi-Ke は守備範囲がメチャクチャ広いので、
結構役に立っている気がします。
島谷ひとみの遥か以前に「亜麻色の髪の乙女」を
カバーしていたりしますんで。

ただ「なごり雪」とか「あなた」とか、
徳永英明とかぶっている曲も多くて、
そういうのを聴き比べてしまうと…チト苦しい。
まぁ、比べるほうが間違っているのかもしれませんが(笑)。

最後に、私のおすすめカバー曲(↓)

・田村直美「カサブランカ・ダンディ」(ノエビアCM HITS!)
・ポルノグラフィティ「POISON」(Words of 雪之丞)
・melody.「真夏の出来事」(筒美京平トリビュート)
・今井美樹「ルパン三世 愛のテーマ」

追伸:

大沢誉志幸の「そして僕は途方に暮れる」って、
一体何人カバーしているんだ!?
私が持っているヤツだけでも、
佐藤竹善、CHARA、the Indigo がカバー。

はじめ人間ギャートルズのエンディングテーマ、
「やつらの足音のバラード」も多くて、
小泉今日子、スガシカオ、the Indigo がカバー。

何でこんなコトに…??
| 音楽関連 | 22:46 | トラックバック:0コメント:0
私の「今ツボ」は6年ズレている
長文です(ファイトぉ~、イッパぁ~ツ!!)。

さて、ここらで私の音楽遍歴について、
語っちゃいましょうか。
かなりハズかしい内容ですけど…。

既に何度か書いていますが、
私は「あ、安部礼司」にどっぷりハマっています。
過去の放送分を探し出してきて、
全部聴き直しちゃうぐらいです。

ですが、

どうも番組内でかかる曲は、
イマイチ「ピンとこない」んですよ。

これは「選曲がイマイチだから」なのではなく、
恐らく、私自身の音楽遍歴に起因します。

安部礼司は設定上36歳となっていますが、私は34歳。
ここで2年ズレていますけど、実際のところ、
もっと大きな「段差」を感じますね。
かかる曲の半分ぐらいは、全然知りませんから!

それもそのハズでして…まぁ白状しちゃいますと、
私が音楽を(意識して)聴き始めた時期が、
圧倒的に遅かったというコトです。

初めてマトモな(?)CDを買ったのが、1993年。
つまり19歳の時ですね。
それまで、芸能界とか、音楽番組とか、
全く興味が無かったというコトです(ひぇ~!!)。

いや~、今思うと、
ものすごく人生損していますね。
(今は音楽が無いと生きていけない!)

でもって、参考までに…
私のiPodに現在入っている曲(1,395曲)の
年別集計が以下のとおり(1980年以降)。

1980年 … 9曲
1981年 … 12曲
1982年 … 16曲
1983年 … 9曲
1984年 … 18曲
1985年 … 13曲
1986年 … 15曲
1987年 … 21曲
1988年 … 17曲
1989年 … 31曲
1990年 … 45曲
1991年 … 45曲
1992年 … 68曲
1993年 …101曲
1994年 … 95曲
1995年 … 74曲
1996年 … 87曲
1997年 … 95曲
1998年 … 71曲
1999年 … 60曲
2000年 … 56曲
2001年 … 66曲
2002年 … 57曲
2003年 … 36曲
2004年 … 43曲
2005年 … 64曲
2006年 … 56曲
2007年 … 70曲

やっぱり1993年が飛び抜けて多いですね。
class の「夏の日の1993」あたりが、
まさにド真ん中なワケです(笑)。

BOOWY の「MARIONETTE」が1987年ですから、
私の「今ツボ」は、大体6年ズレているってコトでしょう。

ちなみに…2003年と2004年が落ち込んでいますが、
これはこの2年間が少ないのではなく、
2005年~2007年が徳永英明の「VOCALIST」を
含んでいる(全曲収録!)からだったりします。

※「VOCALIST」についてはそのうちまたイロイロ書く予定。

2007年は「ユニコーン・トリビュート」と
「奥田民生・カバーズ」もあるので、
近年としてはエライ数に…。

で、そろそろ話をまとめにかかりますけど(笑)、
私の音楽的“弱点”は、1980年代以前の曲を、
ほとんど知らないっていうコトですね。
(洋楽を全く知らないっていう、
もっと巨大な弱点は、この際、無視!)

そんなワケで今年は、1980年代の名曲を、
ちょっとずつ発掘していこうかな~、
なんて思っていたりする今日この頃であります。
| 音楽関連 | 19:51 | トラックバック:0コメント:2
もはや定番ルート
・中条店

・村上店

・鶴岡みどり町店
・鶴岡茅原店

・7号酒田店
・酒田ゆたか店

以上、6店舗。

今回はCD探しの旅。
お宝中古市場 鶴岡店も、もちろん寄っています。
1枚100円のCDとか、大量に買い込んで来ました。

それにしても、7号酒田店のあの力の入れ様は一体…?
ブックオフらしからぬ(失礼!)、
気合の入った企画セールでした。
| ブックオフ巡回 | 23:47 | トラックバック:0コメント:0
隔世の感
最近、中古CDをイロイロと集めているので、
ブックオフとかに入り浸っているんですけど、
そこで気付いたお話…。

500円の棚のところに行くと、
まぁちょっと古いCDが並んでいるワケでして、
その中に、渡辺美里なんかもあったりするワケです。

で、問題なのは、あいうえお順で、
どこの棚に置いてあるか?ってコトですね。

渡辺美里のCDって、アーティスト名で
「Misato」としか書いてないヤツがあるんですよ。
で、お店によっては、そういうCDは
「み」の棚に並んでいる場合がある(!)んです。

ん~、30代の私にとっては、これはちょっとショックでしたね。
こんなの、迷わず「わ」でしょう、当然。
ほとんど常識みたいなモンですから!

でも現実、「み」のほうに並んでいるってコトは、
それだけ渡辺美里を知らない店員さんが
増えてきているってコトなんでしょう。

そのうち「ビルマ」とか「ミリバール」とかうっかり言っちゃうと、
「なんですか、それ?」って
言われる時代になっていくんですよ、きっと!
| 音楽関連 | 00:22 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

FC2カウンター

Twitter

UNIQLO CALENDAR

第234479コロニーな生活☆PLUS

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。