「水族館非公式ガイド」管理人の日記

羽生田トライアングル

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
サンソン前フリ
> 「た」で始まって「や」で終わる人です。

…え~っと、武田鉄矢

追記:
新潟だと、14時前の前フリは無いんですよ。
なのでTFMを聴いてビックリ。
スポンサーサイト
| 雑記 | 14:00 | トラックバック:0コメント:2
行ったことのある観光地
え~、富士山は昨日(8月20日)
無事登頂してきたワケなんですけど、
写真もあるのでアップするのは今週末にします。
(↑このパターンで何度サボったことか…)

この前、ある方から「何で山に登ってるの?」って
訊かれたんですけど、その時は、
・この夏はお金が無くて遠出出来ないから
・山登りはお金がかからないから
…と答えました。

でもこの答えだけだと、ちょっと足りないので、
もうひとつ付け足しておきます。

・日本全国を周って、めぼしい観光地へは
 ほとんど行っているのに、
 富士山山頂へは行ったことがない。
 それでは片手落ちだから!

というワケで今回は、
「行ったことのある観光地」リスト。
(水族館は言うまでもないので除外)

「○」=行ったことがある
「×」=行ったことがないので、いつか行きたい

【北海道】
○宗谷岬
○納沙布岬
○襟裳岬
○札幌・羊ヶ丘展望台
○登別地獄谷
○洞爺湖・昭和新山
○大沼
○函館山・五稜郭
×知床
×摩周湖

【青森】
○恐山
○十和田湖
×奥入瀬渓流

【岩手】
○龍泉洞
○浄土ヶ浜
○花巻
○平泉
×小岩井農場

【宮城】
○仙台・青葉城
○松島(日本三景)
○蔵王・御釜
×牡鹿半島

【秋田】
○男鹿半島
○田沢湖

【山形】
○山寺

【福島】
○会津若松
○猪苗代湖
○五色沼
○あぶくま洞

【茨城】
○水戸・偕楽園(日本三名園)
○袋田の滝

【栃木】
○日光東照宮
○華厳の滝

【群馬】
○高崎観音
○吹割の滝
×尾瀬
×草津温泉

【埼玉】
何かあったっけ…?(汗) あ、そうだ!
×鉄道博物館

【千葉】
×成田山
×海ほたる(高速バスで通過しただけ)

【東京】
都市全体がテーマパークみたいなモンです。
あえて書きません。

【神奈川】
○鎌倉
○江の島
○箱根・芦ノ湖

【新潟】
ハッキリ言ってたいした観光地はありません。
あえて挙げるとすれば「笹川流れ」かな。
潜る人なら佐渡もアリなんでしょうけど…。

【富山】
○黒部ダム
×立山

【石川】
○金沢・兼六園(日本三名園)
×輪島の朝市
×白米千枚田

【福井】
○東尋坊
○永平寺
○気比松原(日本三大松原)
○三方五湖

【山梨】
○富士山!!

【長野】
○長野・善光寺
○軽井沢
○松本城
○諏訪神社

【岐阜】
○飛騨高山
○白川郷
○関ヶ原古戦場

【静岡】
○三保の松原(日本三大松原)
○白糸の滝
○浜名湖
×久能山東照宮

【愛知】
○熱田神宮
×名古屋城(門の前までしか行っていない!)

【三重】
○伊勢神宮
○夫婦岩
×志摩スペイン村

【滋賀】
琵琶湖…とだけ書いていいものだろうか?

【京都】
○京都(有名どころはだいたい行っています)
○天橋立(日本三景)

【大阪】
○道頓堀
×大阪城
×通天閣

【兵庫】
○六甲山(神戸の夜景)
○明石海峡大橋
○姫路城

【奈良】
○奈良(有名どころはだいたい行っています)

【和歌山】
○那智の滝
○潮岬

【鳥取】
○鳥取砂丘
○境港

【島根】
○出雲大社

【岡山】
○岡山・後楽園(日本三名園)

【広島】
○広島・平和記念公園
○宮島(日本三景)
×瀬戸内しまなみ街道

【山口】
○岩国・錦帯橋
○秋芳洞・秋吉台
○萩
○関門海峡

【徳島】
鳴門海峡…だけじゃダメ?

【香川】
○琴平・金刀比羅神社
○瀬戸大橋
×観音寺・琴弾公園(銭形砂絵)

【愛媛】
×松山城(麓から見ただけじゃダメっすか?)

【高知】
○室戸岬
○桂浜
○足摺岬

【福岡】
○太宰府天満宮
×門司港レトロ

【佐賀】
×虹の松原(日本三大松原)

【長崎】
○長崎・平和祈念像
○九十九島
×ハウステンボス

【熊本】
○阿蘇
○熊本城
○天草パールライン

【大分】
○高崎山
×別府温泉(駅なら行ったことはあるんですけど…)
×湯布院

【宮崎】
県庁所在地に行ったことがない唯一の県。
○高千穂
×青島

【鹿児島】
×桜島(行った時、水族館からは雲でほとんど見えず…)
×指宿

【沖縄】
本島しか行ったことがありませんが…。
○首里城
○ひめゆりの塔
○平和祈念公園

思い出したら追加したりなんかして…。

ちなみに…私的に強く印象に残っている場所は、
蔵王の御釜(宮城)と三方五湖(福井)。
三方五湖は「マジでありえねぇ!」っていう地形なので、
是非見てもらいたいですね。
| 雑記 | 22:44 | トラックバック:0コメント:4
富士山登山!
ちょっとさかのぼって…
8月9日は弥彦山(638m)を裏参道(海側)から登山。
これは片道1時間半で楽々クリア。

本来の計画だと、
二王子岳(1420m)に行くべきところだったんですけど、
富士山登山という「本番」直前で失敗して、
自信を無くしたりしたくなかったので、
無難なところにしておきました。
(菅名岳もそうだけど、ひとっこひとりいない山を
ひとりで登るのって、心理的にキツいんですよ…)

で、富士山登山。

ここを読まれている方の中には、
「ここまで900m程度の山しか登っていないのに、
3776mなんて登れるの?」
…と思っている方もいらっしゃると思いますんで、
少し解説をしておきます。

私は、河口湖口の五合目というところから登ったんですけど、
ここの標高がだいたい2300mです。
で、山頂(神社のあるところ)がだいたい3700m。
(3776mというのは、本当に一番高い
「剣ヶ峰」というところ。そこまでは時間の都合で行かない)

つまり、実質1400m程度の高低差しかないのです!

なので900m程度の山を登れる体力があり、
高山病にさえやられなければ、
富士山登山はそれほど難しくありません。
途中、山小屋で一泊、というプランなら「楽勝」でしょう。
(これから書きますけど、私は日帰りプラン)

          ◇          ◇          ◇

前日(8月19日)の11時に新潟出発。
堀之内までは下道、そこから高速。
関越道→圏央道→中央道を通って、河口湖へ。
19時すぎに富士吉田のホテルに到着、一泊。

朝の4時に起床。4時半にチェックアウト。
富士スバルラインで河口湖口五合目(2300m)へ。

【5:31】
五合目より
両親に見送ってもらい(私が登っている間、麓で観光)、
いよいよ登山スタート。
五合目の時点で既に肌寒いので、最初から長袖着用。
(雨具も持って行きましたが、結局使いませんでした)

六合目までは道もなだらか。
でも、まずは高所に慣れる、というつもりで
ゆっくり行きました。

【6:13】
六合目より
六合目(2400m)付近。
早くも頂上は見えていますが、
距離感が全く掴めません。
(これが富士山の恐ろしいところ。
頂上は見えているのに、
いくら登っても近づかないのです!)

ここからが本当の登山開始。

まずこの六合目、という表記がインチキでして(笑)、
「六合目」表記→実質五合目
「七合目」表記→実質六合目
「八合目」表記→実質七合目
八合目」表記→実質八合目
「九合目」表記→実質九合目
…と思っておいたほうがいいです。
(「八合目」と呼ばれる地域がやたら広い!)

【7:04】
七合目
山中湖を眼下に眺めつつ、七合目(2700m)に到着。
これは最初の山小屋(ここから次々と出てくる)。

気温が低いので、あんまり汗はかきません。
(補給した水分は全体で2リットル程度。
五頭山や菅名岳の時よりも少なかったです)
ただし日光はモロにきます。

高山病が心配でしたが、
ちょっと頭痛がする、ぐらいの症状ですみました。
(それも登っているうちに消えました)

【7:14】
日の出館
「日の出館」。山小屋はだいたいこんな感じ。

ちなみに富士山の物価は、
・缶ジュース 400円
・ペットボトル 500円
・トイレ 100円
…ぐらいでしょうか(水は貴重品!)。

【8:06】
山中湖
「鳥居荘」(2900m)の辺りから見た山中湖。

【8:22】
岩場
岩場。ちょっと急。でも河口湖口からのルートで
大変なところなんて、この辺だけです。
八合目ぐらいまで我慢して登っていくと、
また楽な道になります。

【9:25】
湧き上がる雲
八合目「太子館」(3100m)付近。
雲が下のほうから湧き上がってきます。

このあたりまで登って、
体力的にまだまだ余裕、という感じだったので、
山頂まで行けると確信しました。

【9:26】
富士吉田市街と山中湖
左が富士吉田の市街、右が山中湖。
写真には写っていないですけど、
もうちょい左に河口湖も。

【9:54】
ブルドーザー
これは「白雲荘」だったかな?
ブルドーザーで運んできた荷物を降ろしているところです。
(登山道の他に、下山道=ブルドーザー道というのがあります)
ドラム缶はたぶん発電用の油。

【10:45】
元祖室
「元祖室」(3250m)。まだ八合目!
ちょっとペースが落ちてきました。

【11:26】
富士山ホテル
本八合目「富士山ホテル」(3400m)。
このあたりは賑やかです。

【11:26】
温度計
富士山ホテルの前にあった温度計。11℃。
山頂はたぶん10℃を切っていたと思われ。

【11:43】
赤茶けた風景
八合五勺ぐらい。
雲に覆われてしまい、下の景色は見えません。
赤茶けた地面と軽石がゴロゴロ。

【12:35】
雪
九合目(3600m)付近。
真夏なのに雪が残っていました。

このあたりはさすがに体力的にピーク。
空気が薄いせいか、すぐに息があがってしまいます。

【13:37】
頂上の鳥居
登り始めて約8時間、ついに頂上の鳥居が!

【13:42】
富士山頂上浅間大社奥宮(久須志神社)
ついに登頂成功! やった~!!

神社でしっかりお参りしました。
ちなみに…浅間と書いて、
「あさま」ではなく「せんげん」と読みます。

【14:02】
山頂の山小屋
山頂は山小屋もたくさんあって賑やかです。
風景は…曇ってしまってあんまりよく見えませんでした。
(まー、六~七合目あたりでたっぷり見たしね)

【14:10】
富士山火口
で、これが山小屋の裏に広がる、富士山の火口。
ものすごく急な崖!
蔵王の御釜みたいに、底まで見えるのかと思ったら、
深すぎて全然見えません!
(ホントに「崖っぷち」まで行けば見えたのかもしれないけど…)

写真中央、一番高いところが「剣ヶ峰」(3776m)。
富士山測候所の跡も見えます。
(レーダーのドームは外されている)
この場所からだと、片道1時間かかるらしいので、
今回は断念(次回があるのかどうかは不明)。

【14:35】
下山道
で、下山開始。
下山道は砂地で、とっても楽チンです。

【15:33】
山肌を見下ろす
1時間ほど降りてきたところ。
赤茶けた山肌に、ところどころ植物が生えています。
(この風景が下まで延々と続く!)

【15:33】
雲海
雲海。ここまで降りてきても、まだ雲の上。

この後は結構「時間との戦い」になったりしました。
(なので写真が無い…)
五合目からは1時間に1本しかバスが出ていないのです!

17時25分のバスにはじぇんじぇん間にあわず、
18時35分のバスに間にあわせるため、大急ぎで下山。
(一番体力の無い場面だというのに…)
何とか間にあったものの、
ホント、頂上直前よりもキツかったのでありました。
(足にマメができていたしね)

というわけで、約12時間半(登り8時間、下り4時間)に及ぶ
富士山登山は無事完了。

19時すぎに河口湖駅に到着、両親と合流。
晩飯を食べて、高速で一気に新潟帰還。
家に着いたのは1時すぎでした。
(もちろん速攻で就寝!)
| 雑記 | 20:00 | トラックバック:1コメント:2
菅名岳/長岡まつり
土曜日は菅名岳(909m)に再挑戦。今度は無事成功。
これで富士山登山“挑戦権獲得”という感じでしょうか?

日曜日は長岡の花火を見てきました(10年ぶりぐらい?)。

中越地震後、つまり「フェニックス花火」を
打ち上げるようになってからは初。

いや~、やっぱり長岡の花火は凄いわ!
伊達に「日本一」を名乗っているわけじゃないっす。

フェニックス花火っていうのは、尺球を6発同時に打ち上げて、
横に並べて「翼」を表現するというモノなんですけど、
こんな文章で書いても迫力が全然伝わらないですね。

「視界全体が花火で埋め尽くされる」という感じです。

私の視界だと、同時に目に入るのが5発ぐらいまでです。
つまり、視界に入りきらないほど超ワイド(!)というコトです。

これが平原綾香の「Jupiter」の1番がかかる時間
(=約2分半)続きます。
※「何で平原綾香?」という方はコチラを参照。

あと、今年は(来年の大河ドラマにあわせて)「天地人花火」
っていうのも上がったんですけど、コチラもまぁ凄かったです。
やたらカッコイイというか、技巧的というか…。
どんどんシーンが切り替わっていくような感じ。

「コレ、相当お金かかってるよね?」って
心配しちゃうぐらい(苦笑)の迫力でアリマシタ。

いやホント、長岡の花火はイイ!!
機会がありましたら是非どうぞ!
| 雑記 | 23:30 | トラックバック:0コメント:3
| ホーム |

FC2カウンター

Twitter

UNIQLO CALENDAR

第234479コロニーな生活☆PLUS

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。