「水族館非公式ガイド」管理人の日記

羽生田トライアングル

スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
20100731
十力の金剛石(光札) ダイアモンドの素札・修正版ダイアモンドの素札・修正前

というわけでブリリアントカットの宝石の再修正を開始。
まずは基本のダイアモンドから
(左と中央の札が修正後、右の札が修正前)。
ほとんど変わっていないように見えますが、
ちょっと陰影をつけて立体的に見えるようにしています。
この修正を加えるのにほぼ半日かかりました(無駄な努力かも…)。

カシオペヤ座(種札) ガーネットの青短 ガーネットの素札

あ、でもガーネットに適用したら格段に良くなったので、
結構意味のある修正なのかもしれません。
やっと宝石というか鉱物のゴツゴツした感じが出せたと思います。
今までのはどうも丸っこくてツルツルしていたというか…。
スポンサーサイト
| 日記(2009年12月5日から) | 22:00 | トラックバック:0コメント:0
20100730
ガーネットの青短 ムーンストーンの青短 サードニクスの青短

ガーネット/ムーンストーン/サードニクスの青短(竜巻)修正版。
今度こそコレで決まりです!
やっと納得のいく竜巻が描けました。

アメシストの短冊 アクアマリンの短冊
エメラルドの短冊 オパールの短冊

アメシスト/アクアマリン/
エメラルド/オパールの短冊(彗星)修正版。
やっぱ透けさせるのをやめました。あと色を微調整。

サファイアの赤短 トパーズの赤短 ターコイズの赤短

サファイア/トパーズ/ターコイズの赤短(稲妻)修正版。
竜巻と彗星が豪華になったので、
稲妻も負けじと太くしました。

これでいちおう短冊すべて完成。
でも微調整はまだまだ続きます…。
| 日記(2009年12月5日から) | 00:17 | トラックバック:0コメント:0
20100729
ガーネットの青短 ムーンストーンの青短 サードニクスの青短

ガーネット/ムーンストーン/サードニクスの青短(竜巻)修正版。
竜巻だけ見ると前のヤツでもよかったんですけど、
手前の宝石と合わせてみると
「パースが狂っている!」と言われちゃいそうなので
(特にサードニクスがやばかった)直しました。

でももうちょっと単純化したほうがいいのかな。
| 日記(2009年12月5日から) | 20:41 | トラックバック:0コメント:0
20100728
アメシストの短冊 アクアマリンの短冊
エメラルドの短冊 オパールの短冊

アメシスト/アクアマリン/
エメラルド/オパールの短冊(彗星)修正版。
昨日の今日だけどそんなの関係ねぇ~!
尾の数を5本→4本に減らして、輪郭も透けさせました。
| 日記(2009年12月5日から) | 18:11 | トラックバック:0コメント:0
20100727
アメシストの短冊 アクアマリンの短冊
エメラルドの短冊 オパールの短冊

アメシスト/アクアマリン/エメラルド/オパールの短冊(彗星)。
「双子の星」だと完全に悪者なので、
ちょっと黒っぽくしてみました
(「空の鯨」というあだ名だしね)。

それからちょっと蛇足っぽい話。
短冊(彗星)は4枚あるワケですけど、
月でいうと2月・3月・5月・10月。
種札に描かれている星座でいうと、
オリオン座・おおいぬ座・おおぐま座・わし座。
実はコレ「よだかの星」に登場する4星座なんであります。
憶えておくとプレイする際、役に立つかも!?

これで短冊もすべて完成…のハズなんですけど、
明日からは当然のごとく修正作業が始まります(苦笑)。
忘れないようにちょっとメモ(↓)。

・青短(竜巻)を修正
・ブリリアントカットの宝石を修正
・カス札の別デザインを作る(文字を変更)
・光札の絵を描き直す?(描き足す?)
・外枠を豪華にする?
| 日記(2009年12月5日から) | 23:09 | トラックバック:0コメント:0
20100726
ガーネットの青短 ムーンストーンの青短 サードニクスの青短

ガーネット/ムーンストーン/サードニクスの青短(竜巻)。
いじっているうちに、だんだん
良いのか悪いのかわからなくなってきたので、
いったんコレで固めてみます。

実は、宮沢賢治自身が描いた竜巻の絵というのがあって、
最初はそれをベースに描いていたんですけど、
どうもしっくりこないので思い切って変更しました。

ん~、それでも苦労した割にどうもイマイチという気が…。

「どの宝石に青短(竜巻)を対応させるか?」
というのも結構悩んだんですけど、
「風野又三郎」(「風の又三郎」ではないよ!)の冒頭に、

> ああまいざくろも吹きとばせ
> すっぱいざくろもふきとばせ

…という一節があったので、
ガーネット=ざくろ石→竜巻というのが決定。
あとは自然と埋まりました
(絵柄や月は違っていても、ゲームに使用する際は
普通の花札とプレイ感覚に差異が生じないよう配慮しているため)。
| 日記(2009年12月5日から) | 23:36 | トラックバック:0コメント:0
20100724
サファイアの赤短 トパーズの赤短 ターコイズの赤短

サファイア/トパーズ/ターコイズの赤短(稲妻)。
たぶんまた後から修正しますが…。

この稲妻は葛飾北斎の「山下白雨」から
確信犯的にパクっています(多少いじってますけど)。
宮沢賢治は浮世絵の収集もやっていたらしいんですが、
「ガドルフの百合」という作品の中に、

> 稲妻が向うのぎざぎざの雲から、
> 北斎の山下白雨のように赤く這って来て

…というそのものズバリな部分があります。

稲妻のカタチがちょっと人型っぽくなったんですけど、
「双子の星」のふたりを運んでくれる役回りなので、
こういう感じのもいいかな~って思っています。
| 日記(2009年12月5日から) | 21:36 | トラックバック:0コメント:0
20100722
さそり座(種札)

さそり座の種札、修正版。
「水精のお宮」をちょこんと追加。

これで種札完成! 全札完成まであとわずか!

さそり座(種札)

でも今度は、光札を描き直したくなってきた…。
| 日記(2009年12月5日から) | 22:07 | トラックバック:0コメント:0
20100721
こぐま座(種) カシオペヤ座(種) おおぐま座(種)

「そらのめぐりの めあて」3枚の修正版。
文字をデカくしたり、あちこち直したりました。

一方が「大ぐま」なのにもう一方が「小熊」という
表記なのが気になるところですが、
原文がそうなので仕方がありません。

これで今度こそ種札完成!?
| 日記(2009年12月5日から) | 23:55 | トラックバック:0コメント:0
借りぐらしのアリエッティ
感想を書きますが、ネタバレはしていません。
ていうか映画として、
ネタバレするほど内容が詰まっていません。

ん~、もう最初に書いちゃいますけど、
まだ映画を観に行っていない方は、
無理に行く必要は無いと思います。
たぶん来年の今頃になればテレビで放映するでしょうから、
それまで待つのがいいんじゃないでしょうか?

まー、全体的にそんなに悪くは無いと思います。
描き込みの密度とかは、さすがジブリって感じです。
「ここが駄目!」ってハッキリ言うような箇所も
特に思い付きません。丁寧に作ってある感じです。

一言で言えば「上品」です(ちょっとイヤになるぐらい!)。
挿入歌とか、音楽に上品さが表れていると思います。

でもまーコレ、映画という尺でやるようなお話じゃない
気がするんですよ。
ちょっとした絵本とか、それぐらいで十分な内容なんでは?
私はこの映画、割引を使って1,000円で観ましたけど、
それでも正直「キツい」です。
1,800円で観た人は「金返せ!」って言ってもいいと思います。
それぐらい、何か物足りない。

最後に(2ch風)不等式を掲載して終わりにしたいと思います。
それで察してください。

ハウルの動く城(駿)>崖の上のポニョ(駿)>(※越えられない壁)
>猫の恩返し>借りぐらしのアリエッティ>ゲド戦記

ていうかもう、みんなで
8月6日(金)の「サマーウォーズ」を観よう!
観れば“ポスト・ジブリ”って言われる理由が何となくわかるから!!
| 雑記 | 20:30 | トラックバック:0コメント:0
20100719
おうし座(種)

いよいよラスト、おうし座の種札。
なんか光札よりも輝いちゃっていますが(笑)。

トレースは割と簡単でしたけど、
牡牛とすばる、両方入れるのにメチャクチャ苦労しました。
いろいろいじくって「もうコレでいくしかないわ!」
という感じで今のレイアウトに決定。
なのでちょっと強引というか無理のある感じです。
札がもし横長だったら簡単に入ったんですけど…。

あとは「そらのめぐりの めあて」3枚の
文字を修正して、種札完成!(のつもり)
| 日記(2009年12月5日から) | 18:10 | トラックバック:0コメント:0
20100718
こと座(種)

こと座の種札修正版。
他の星座とのバランスをとるために、
竪琴をやや小さくしました。

おおいぬ座(種)

おおいぬ座の種札。
「あおいめだまの 小いぬ」という歌詞に、
アクアマリンはピッタリでしょう。

いちおう解説すると…
「あおいめだまの 小いぬ」は、
こいぬ座ではなくおおいぬ座らしいです。

こいぬ座の1等星「プロキオン」は黄色っぽい星なので、
そうなると「あおいめだま」は
「シリウス」と考えるのが妥当。

おまけに『東岩手火山』という詩の中に、
> その下のは大犬のアルファ
> 冬の晩いちばん光つて目立つやつです
> 夏の蠍とうら表です
…という部分もあるので、
「あかいめだまの さそり」の対比で出てくる
「あおいめだまの 小いぬ」は、
おおいぬ座というコトでファイナルアンサーであります。
| 日記(2009年12月5日から) | 09:50 | トラックバック:0コメント:0
20100717
オリオン座(種)

オリオン座の種札。
やっぱりこの星座は絵になりますねぇ~。
「よだかの星」だと、よだかを
シカトしちゃうイヤな奴なんですけど(笑)。

この札、レイアウトは結構苦労しました。
オリオン座と言ったらやっぱり「三つ星」なワケですけど
(オリオンビールだってマークは三つ星だ!)、
オリオンを普通に配置すると、
三つ星がアメシストの陰に隠れちゃうんですよ。

で、いろいろ試行錯誤して、
現在のレイアウトに落ち着きました。
かわりにリゲル(1等星)とサイフ(2等星)が
隠れちゃったのが残念なんですけど…。
| 日記(2009年12月5日から) | 17:21 | トラックバック:0コメント:0
20100715
カシオペヤ座(種)

カシオペヤ座の種札。
「カシオペア」という表記のほうが一般的ですが
(JRの寝台特急もそうだしね)、
学術的には「カシオペヤ」の表記が正式。

この星座はもう「よだかの星」を描きたくて選んだ、
と言っても過言ではありません。
順当に選べばアンドロメダ座なんですけど、
何が何でもよだかを描きたかったってコトです
(ホントは種札じゃなくて光札にしたいぐらい!)。

よだかの星の位置は、ほぼ「ティコの超新星」の場所です
(正確にはもうちょい右)。
カシオペア王妃の右側に置いたほうが、
レイアウト的にはいいような気もするんですが…
(手元にある村上康成の絵本だと右側ですね)。

それから、カシオペヤ座は結局
1月(ガーネット)にしたんですけど、
ちょっと前までは12月(ターコイズ)にするつもりでした。
おうし座と入れ替わるカタチになったんですけど、
これはターコイズのほうに
「すばる」を描くことにしたためです。
赤いガーネットとすばるじゃあまりにミスマッチなので…。
| 日記(2009年12月5日から) | 23:54 | トラックバック:0コメント:0
20100714
こぐま座(種)

こぐま座の種札修正版(そのうちまた直すと思うけど…)。
天体写真のような日周運動の軌跡を加えて、
「そらのめぐりのめあて」の感じを出してみました。

コレ、描くのにメチャクチャ苦労しました。
星をテキトーに配置してもそれっぽい
雰囲気になるでしょうけど、コレは
星の正確な位置を星図から拾って描いています。
あ~、無駄なこだわり…。

なので「北極星が中心ではない」ところも正確。
絵的には北極星が中心のほうがしっくりくるんでしょうけど、
そういう誤魔化しは私的にはNGなのであります。
| 日記(2009年12月5日から) | 21:21 | トラックバック:0コメント:0
20100713
こぐま座(種)

こぐま座の種札。
北極星≒そらのめぐりのめあて。

とりあえず作ってみたんですけど、
あまりにショボイので何とかします。
日周運動の円弧でも入れるかな…。
文字のレイアウトも変更する可能性大
(おおぐま座も含めて)。
| 日記(2009年12月5日から) | 22:28 | トラックバック:0コメント:0
20100712
おおぐま座(種)

おおぐま座の種札。Ursa Major/マヂエルの星。
自分で言うのも何ですが、この札、構図がカッコイイ!
(これでトレースじゃなかったら最高なのに…)

右下に居るのはカラス。
もちろん「烏の北斗七星」から。

でもって、突然この札から
「星めぐりの歌」の歌詞が入ってくるワケですが、
これには理由があります。
この札は、普通の花札で言うところの
『猪鹿蝶』の一角なので、
他の種札と区別するために入れてあります。

「大ぐまのあしを きたに」
「五つのばした ところ」
「小熊のひたいの うへは」
「そらのめぐりの めあて」
…と続きます。

(※余談)
この「星めぐりの歌」が、
また謎だらけだったりします。
「大ぐまのあしを きたに」という歌詞だけど、
北斗七星があるのは大熊の背中のあたりなんだよね…。
「小熊のひたいの うへは」も位置が全然違う
(北極星はそんなところに無い!)。
まー、宮沢賢治大先生が
そんな単純なミスをするワケないので、
何かしらの理由があったんでしょう。

それから種札に「アンドロメダ座」を
入れなかったんですけど、これは
「アンドロメダの くもは」
「さかなのくちの かたち」
という歌詞があるため。
こと座のフィッシュマウス・ネビュラと
バッティングしてしまう!
| 日記(2009年12月5日から) | 23:53 | トラックバック:0コメント:0
20100711
わし座(種)

わし座の種札。
ゴチャゴチャしたこと座と比べると、
ややサッパリしている感じ。

オパール≒貝の火なので「鷲の大臣」のイメージです
(まぁ“あとづけ”ですけど)。
オパールは10月の誕生石なんですけど、
七夕の牽牛星のある星座が10月というのはチト遅い…。
それでも「星めぐりの歌」に登場する重要な星座なので、
もう無理矢理ねじ込みました。

あ、だんだんトレースが上手くなってきました(笑)。
白鳥を描いたときにだいぶ試行錯誤したんですけど、
それがいい経験になったみたいです。
| 日記(2009年12月5日から) | 20:17 | トラックバック:0コメント:0
20100710
こと座(種)

こと座の種札。
「シグナル」と「シグナレス」を描き足して、
配置をちょっといじって完成。

ま、そのうちまた「修正」とか
言い出すと思います(苦笑)。
| 日記(2009年12月5日から) | 15:32 | トラックバック:0コメント:0
20100709
こと座(種)

ようやく描いた新しい札(まだ完成じゃないけど…)。
こと座の種札。

環状星雲(フィッシュマウス・ネビュラ)は、
天体写真をライブトレースして
サクッと作りました。楽チンです。

あ、本物の環状星雲はこんなにデカくないですよ。
こと座と比べると、200倍ぐらい拡大してますかねぇ。

この絵柄の両サイドに
「シグナル」と「シグナレス」が入って完成の予定
(思ったよりもゴチャゴチャしそうだな…)。

いやしかし、8月の誕生石は
赤縞瑪瑙(めのう)にしておいてよかった!
ペリドットのオリーブ色だと、
違和感ありまくりになるところでした。
| 日記(2009年12月5日から) | 23:53 | トラックバック:0コメント:0
20100705
さそり座のタネ

さそり座のタネ札。
以前作ったヤツに修正したルビーを載せただけ。

ホントは「水精のお宮」も描きたいんですけど、
とりあえず後回しにして、
まずは他の星座を完成させていきます
(また修正し出すとキリが無いので)。

目標は1日1星座。
私はちょっとでも間が空くと、すぐにサボるので、
これは「厳守」というコトで(でもたぶんサボる…)。

あ、それから、これはもう最初に断っておきますが、
星座のイラストはトレースしまくりです。
私は絵描きでも何でもないので、
恥も外聞もありません(キッパリ)。
今のところ、これでお金儲けする気も無いので、
そこはカンベンというかご容赦ください。
| 日記(2009年12月5日から) | 22:15 | トラックバック:0コメント:0
MANGA BUNGO版 銀河鉄道の夜
Twitterで済ませようかとも思いましたが、
やや長くなりそうなので
ブログのほうに書いておきます。

MANGA BUNGO版 銀河鉄道の夜
…という本を立ち読みしてきたんですけど、
ちょっと残念な出来でした(なので買わなかった)。
パラパラ見ただけなのでそれほど詳しくは書けないですけど、
チェックしたポイントについて感想とか書いておきます。

・絵はモロに少女漫画って感じ(でもあんまり巧くない…)。
 登場人物は猫ではなく人間(あたりまえか)。

・「天気輪の柱」
 (ハッキリした形状はわからないので、
 描く人ごとに個性が出るところ)は
 どんな風に表現しているかなぁ?
 と思って見てみたんですけど、
 もーよくわからないオブジェみたいなカタチでした(笑)。
 まぁどう描こうが自由なので、アリっちゃあアリかな。

・「三角標」(このブログの背景のヤツ)は忠実に表現。

・で、最大の問題点。
 幻想第四次の空をどのように描いているか?
 ここがまるっきりダメ。何故なら、
 満天の星空を描いちゃっているから。
 「え~っ! それのどこがダメなの!?」
 と思われる方も多いかと思いますが、
 実はここが大きな落とし穴。
 「銀河鉄道」だけど、宮沢賢治は、
 幻想第四次の空に星が見えるとは
 一言も書いていない(ウソのようなホントの話)。
 「じゃあ星はどこに行ったの?」
 というコトになるワケだけど、それは
 ますむら・ひろし先生のイーハトーブ乱入記という
 新書に詳しく書いてあります
 (答えをバラしちゃうと、星の光は三角標になった)。
 KAGAYA版 銀河鉄道の夜は「さすが!」という感じで、
 一切星は描かれていないです。

ん~、この文庫の作者の方が、上記の事実を知っていて
「敢えて描いた」という可能性もありますが、恐らく
「そこまでは調べなかった」というのが真相だと思います。
苦情のお手紙が出版社に届いていたりして(笑)。

ま、私はそこまで“宮沢賢治原理主義者”じゃないので、
「雰囲気をつかむだけならいいんでないの?」
という感じですかね~(まー買わなかったけどさ)。
| 雑記 | 19:54 | トラックバック:0コメント:0
20100704
アルビレオの観測所・トパーズ(光) トパーズのカス

昨日の今日でトパーズの修正版。

エメラルドのカス

エメラルドの修正版。これはあっさり出来た。

ガーネットのカス

ガーネットの修正版。
色も茶色に近い感じに思いっきり変えた。

アメシストのカス アクアマリンのカス

アメシストとアクアマリンの修正版。

よっしゃあ~、これでカス札修正完了!
今度こそ、タネ札の制作を再開せねば…。

カス札全12種類

カス札全12種類、とりあえず完成。
枠の色がバラバラなのが美しくないんだけど、
今さらこれを1色に統一するのもどうかなぁと思うし…。
| 日記(2009年12月5日から) | 13:41 | トラックバック:0コメント:0
20100703
貝の火(光・雨)

「貝の火」修正版。色のバランスを微調整。
今度こそ、これで完成にしたいけど…。

オパールの鬼札

オパールの鬼札。
背景をファイアオパールのような色に変更。

さそりの火(光) アルビレオの観測所・サファイア(光)

こないだ修正したルビーとサファイアを、
光札にも反映。

ダイアモンドのカス

ダイアモンドのカス札。
このサイズだとイマイチ判りにくいけど、
かなり気合いを入れて修正。
これでようやく自分でも納得か!?
でもこれから、ブリリアントカットの宝石、
全部直さなきゃなんですけど…。

十力の金剛石(光)

「十力の金剛石」にさっきのダイアモンドを載せる。
ついでに全体の色をややソフトな感じに戻す
(私は煮詰まってくると、色がだんだんどぎつくなるようだ)。

実にどうでもいい話だけど、
何となくこの札にはタツノオトシゴが
隠れているように見えないだろうか?
タツノオトシゴ≒coronatusという(??)、
私の潜在意識が自然と表に出たのかもしれない
(もう、何を言っているのかサッパリわからんぞ!)。

あ、それから「瞳はダイアモンド」(松田聖子)は
まるで関係ない。念のため。

アルビレオの観測所・トパーズ(光) トパーズのカス

トパーズの(ダイアモンドに倣った)修正版。
ついでに病気の時のおしっこ並に色を濃くした。
| 日記(2009年12月5日から) | 11:37 | トラックバック:0コメント:0
| ホーム |

FC2カウンター

Twitter

UNIQLO CALENDAR

第234479コロニーな生活☆PLUS

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。