「水族館非公式ガイド」管理人の日記

羽生田トライアングル

ロングヒット | main | ぬかよろこび
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
ルーツ
私は「日本全国水族館巡り」をやっているワケですが、
それとあわせて「ブックオフ巡り」というのもやっています。

最近は、ますむら・ひろし作品の収集が主な目的なワケですが、
実は、もっと収集が困難な本を、ずーっと探していたりします。

それは…「算数と理科の本」というシリーズで、
岩波書店が1970年台後半~80年代前半に出した
小学校高学年向けの本なんですけど、
これがじぇんじぇん見つからないぐらい希少なのです!
(まぁ図書館に行けばたぶんすぐ見つかるんですけど…)

で、何でまたそんな本を集めているのか?と言うと、
このシリーズは、私が“科学大好き少年”となるキッカケとなった、
言ってみれば『ルーツ』みたいな本だからなんです。
(ちなみに…「ドラえもん」もルーツのひとつであります!)

子供の頃の私は、とにかく図書館に入り浸って、
科学の本を片っ端から読んでいった
…という感じの人だったんですけど、
特に印象に残っているのがこのシリーズなんですね。

だから、何が何でも手元に置いておきたい!

これまでに集めたのはシリーズ30冊中、4冊。

「面積のひみつ」
「天気図をつくろう」
「宇宙をはかる」
「地図のけんきゅう」

…なんですけど、本当に喉から手が出るほど欲しいのが、

「記号のなぞとき」

という本なんです。

この本は、たぶん今読んでも面白い。
何しろ扱っているテーマが、マニアック過ぎます。

「鉄道車両の形式の記号」
「抵抗器のカラーコード/コンデンサの容量表示」ですよ!

もうね、算数とか理科とか通り越して、
オタク製造本としか思えません(笑)。

あ~「記号のなぞとき」、どこかに売ってないかな~。

※参考リンク
鉄道車両の記号の見方(JR編)
抵抗器のカラーコード/コンデンサの容量表示の読み方
| 雑記 | 12:26 | トラックバック:0コメント:1
コメント
またしても、私のオタッキーな心ときめく書き込みですね…鉄道車両記号!
久しぶりに貨車の記号一覧を見させていただきました…有がい車ってわかりますか(笑)箱型の貨車といううか、屋根と壁?があるボックスタイプですね…最後尾の車両には昔は車掌さんが乗っていたんですよ!
で、ディーゼル車両の最初のDは、もちろんディーゼルの「D」なんですね…
私の故郷は「汽車」だったので、DF50型機関車(もう廃番)だぁ~!って…鉄っちゃん丸出しでした。
追伸:このHPにある新幹線番号って…知らない知識だ…
そういえば、新下関駅でフリーゲージトレインを間近で見たゾ!!
2006.05.05 Fri 22:39 | URL | 海響館スタッフ
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ihsworks.blog6.fc2.com/tb.php/147-9485f21a
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2カウンター

Twitter

UNIQLO CALENDAR

第234479コロニーな生活☆PLUS

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。