「水族館非公式ガイド」管理人の日記

羽生田トライアングル

20100130 | main | 20100129
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
なぜか花札
ゲーム制作の話です。
興味の無い方は読む必要ありません。

小惑星で採石するコトがある設定なんですけど、
その際にミニゲームを入れたかったんです。

で、いろいろ考えたんですけど、
とりあえず「花札」(こいこい)にするコトにしました。

「そこはオリジナルゲームにしとかなきゃなんでは?」
と、もちろん思うんですけど、
どうも花札の面白さを越えられそうにないので…。
(もっといいミニゲームを思いついたら差し替えます。
それから絵柄は全く違う題材にします)

う~ん、それにしても花札っていうのは、
不思議なゲームですね。

私は、麻雀は小学生の時から理解してましたけど、
花札のルールを覚えたのはごく最近、
亥年の年賀状を作っている時ですよ。
「変わってるルールだなぁ」って思いました。

麻雀だと、配牌の時点で手元にある牌は
「自分のもの」じゃないですか。
だけど花札は手元にあるのに、
いったん場に出さないと「自分のもの」に出来ない。
そこがこんがらがったというか、
「不思議だな」って思ったところなんです。

それで未だに完全には理解出来ていない
(私はハッキリ言って花札弱いです)。
何が最善手なのか、簡単に答えが出ない感じがするんですよ。
そこが魅力なんでしょうね。

私は「ゲームとは何か?」と訊かれたら、
ハッキリと答えます。「カケヒキです」と。
そのカケヒキの面白さを引き出すために必要なものが、
「(意味のある)選択肢の多さ」だと思っています。

駄目なゲームというのは、
「(意味のない)選択肢の多さ」ばかりが目立つゲームですね。
プレイヤーに与えられる選択肢が多そうに見えて、
実質的にはひとつかふたつぐらいしか
選択肢が与えられていない。
「簡単に答えが分かってしまう」というヤツですね。

具体的にどのゲームが「駄目」とは、あえて書きませんが…。
| アポロニウスの園 | 21:56 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ihsworks.blog6.fc2.com/tb.php/502-b97a3ff5
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2カウンター

Twitter

UNIQLO CALENDAR

第234479コロニーな生活☆PLUS

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。