「水族館非公式ガイド」管理人の日記

羽生田トライアングル

ブックオフ巡回(南関東) | main | ブックオフ巡回(北陸・東海)
スポンサーサイト
上記の広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。
新しい記事を書く事で広告が消せます。
| スポンサー広告 | --:-- |
【ネタバレあり】グスコーブドリの伝記
箇条書き感想です。
核心部分には触れていませんが、
ネタバレあります。

・絵のクオリティは『銀河鉄道の夜』の頃とは
 比べ物にならないぐらい向上している。

・後半、割とCGを多用している(はっきりわかる)。
 好き嫌いが分かれるところかも。

・大筋はだいたい原作通り。
 ただし最後はちょっと変えてある(後述)。

・(アタゴオルの)ヒデヨシみたいな風貌の猫も出る。
 目はちゃんと開く。ただし声がこぶ平(またお前か!)。

・ところどころに夢(?)のシーンが挿入されていて、
 幻想的というか不思議成分多めに。

・そのシーンで(猫の姿じゃない)化け物みたいなのが
 うじゃうじゃ出てきて「なんじゃこりゃ!?」という感じなんだけど、
 『ペンネンネンネンネン・ネネムの伝記』
 (グスコーブドリの前身の作品)を読んでいる人なら、
 何となくわかる(こちらからイメージを借用している)。

以下、最重要ポイントのネタバレなので要注意!

・宮沢賢治の原作のほうには2つの大きなツッコミどころがある。
 「火山が爆発したら粉塵でかえって温度が低下するのでは?」
 「あれだけ科学が発達しているのだから、遠隔操作出来るのでは?」
 …という点。

・これらのツッコミどころは
 今回のアニメでは回避しようと努力しているように見える。

・だけどそのせいで、最後がやけにあっさりしちゃっているのよね…。
 何て言うか“泣きどころ”が消えてしまった感じ。
 厳しいコトを言うと、ツッコミどころを回避しようとして、
 新たにツッコミどころを作ってしまっている。

だいたいこんなところでしょうか。
| 雑記 | 22:03 | トラックバック:0コメント:0
コメント
コメントする














管理者にだけ表示を許可する

この記事のトラックバックURL
http://ihsworks.blog6.fc2.com/tb.php/715-3e0de7b0
この記事にトラックバックする(FC2ブログユーザー)
トラックバック
| ホーム |

FC2カウンター

Twitter

UNIQLO CALENDAR

第234479コロニーな生活☆PLUS

最近の記事
最近のコメント
最近のトラックバック
月別アーカイブ

カテゴリー
ブログ内検索

RSSフィード
リンク
上記広告は1ヶ月以上更新のないブログに表示されています。新しい記事を書くことで広告を消せます。